Event is FINISHED

【週刊ゴルフダイジェスト】ミナセの小部屋「オンラインQ&A」。50Y飛距離UPの実績、小澤美奈瀬が丁寧にゴルフレッスン

Description
週刊ゴルフダイジェストで飛距離アップの秘訣を伝える『ミナセの小部屋』連載中の小澤美奈瀬プロ。今回は、飛距離アップのヒントをお伝えし、当日の直接質問も回答する形式で行うライブレッスン。懇切丁寧に実演を交えながら、いつも撮影しているスタジオからお答えします、ミナセファンの方々これは必見です!

神スウィンガー「ミナセの小部屋」連載をお試しチェック!


おざわみなせ
1992年生まれ。愛知県名古屋市出身。週刊ゴルフダイジェストの美女ユニット「ゴルル」メンバー。現在、ミニツアーなどに参戦しながら、おもに東京と名古屋で飛距離アップのレッスンを行う。USLPGAティーチングプロの資格を持つ。

1年で50ヤードも飛距離を伸ばした彼女が、飛ぶようになった秘訣を伝えていく連載「ミナセの小部屋」。今回は緩みのないテークバックをするための足の使い方について教えてもらった。

こんにちは! 私のリモートアカデミー講座、申し込んでくれましたか? 小澤美奈瀬です。今回は、上半身と下半身がしっかりねじられた力強いトップの作り方を紹介します。

みなさんは、テークバックのとき何に気をつけていますか? ボールをしっかり見る? 肩を回す? 股関節を入れる? もちろんどれも間違いではありません。でも、一番大切なのは、腹筋をしっかりネジって上半身と下半身の捻転差を作ることです。

それにより、締まりのあるトップを作ることができるので、ダウンスウィングでクラブを速く振り下ろすことができるのです。

では、そのためにはどうすればいいのか。テークバックで“左足を右足へ寄せない”ことです。


締まったトップは“ガニ股”で作る

はじめは、アドレスの形を崩さずテークバックしてください。慣れてきたら、ガニ股にする気持ちで左ひざを目標方向へ動かすイメージでテークバックしてみてください。すると、トップで左足と手元が引っ張り合う感覚が出てくるはずです。

オーバースウィングの防止にもなり、スウィングがシンプルになるので、必ず速くクラブが振れるようになります。ぜひ試してみてくださいね!

左足はトップまでアドレスの位置をキープ


テークバックで左足を右足へ寄せずに、お腹をねじって上体を回転させる。これにより、トップで左足と手元が引っ張り合う体勢になり、締まったトップが作られる。ダウンではこのねじりを解放するだけ。ヘッドスピードが自然とアップする


左足が動くとスウェイして力が抜ける


左足を目標方向へ動かすイメージでトップへ!

小澤美奈瀬先生のオンライン生講座を受けて飛距離アップのコツを聞いてみよう!


11月13日(金曜日)19:00~20:30

https://wg-minaseevent-1st.peatix.com/

※参加希望の方から小澤プロへの質問をお受けします。ただし、ゴルフ以外の質問はご遠慮ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#774721 2020-10-13 06:02:35
More updates
Fri Nov 13, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
オンライン参加チケット SOLD OUT ¥2,000
Organizer
週刊ゴルフダイジェストリモートアカデミー
95 Followers

[PR] Recommended information